スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ちょっと出かけてるうちに

ほんの2日ほど出かけてたらなんかバトンラッシュですか( ゚д゚)
そこらじゅうに出回ることまさに風の如し。
では帰ってきた景気づけにまずは1つまいりますか。
【キスバトン】
Q1:キスする時、どの瞬間が1番ドキドキしますか?
するよって時になって互いに目を閉じた時。でも初めては目を閉じれなかっ…まぁ後述参照。
何というか、その…なんだ、覚悟を乗り越えたあとだから…なのかしら。


Q2:どちらからその距離を縮めますか?
これは相手っぽいです。はい。
そういう雰囲気作るの巧いよなぁ、と感心してしまうくらいです(ノ∀`)


Q3:深いキスと軽いキス、どちらが好きですか?
フレンチキスがいいです。てか深いキスはまd…ええい、言わせるでないわ( ゚д゚)
でもね、今調べたらさ、フレンチキスって日本では軽いキスとして扱われてるけれども、
本来は「フランス式のキス」という意味でフレンチキス=ディープキスだそうで。

私は日本で使われている意味で言ったんですからねヾ(・ω・`)ノ


Q4:唇以外にキスされて好きなところはありますか? それはどこですか?
頬とか首…肩…かしら…。
「吸引性皮下出血」、いわゆるキスマークって出来たことあります…?
そういえば首にキスって吸血鬼っぽいですよね、いえ、別に血が吸いたいわけじゃ…あれ?
…冗談です、多分。

Q5:どんなシチュエーションでキスするのが好きですか?
…私がまだサークルに在籍していた去年の初夏のこと。
その日は早く授業も終わり、私はサックスを練習するためにまっ先にサークル棟へと向かうことにした。その日はサークルは無いというのに。
部屋には先客が一人いた。付き合って間もない彼女であった。当時、彼女とのキスはまだだったりする。
彼女との馴れ初めはまたいつか、訊かれれば答えてみようとも思う。
訊かれたら答えるかどうかは機嫌次第であるだろうけれど。

閑話休題。

いつもの様に挨拶を済ませてからバリトンサックスを取り出し、マウスピースにリードを取り付け吹いてみる。うん、いい調子だ。
と、いつの間にか彼女が隣に来ているではないか。
「バリサク吹いてみていい?」彼女は訊いた。
「ん、いいよ。多少アルトより息が必要になるかも。低音とか。」
マウスピースをサックス本体に取り付けチューニングしてから渡す。やはり低音に苦戦しているようだ。
その様子を何をするでもなく座りながら見ていた私はふと、これって間接キスだよな、と、そう思ったわけである。
サークルに入ってからは回し飲み等よくある光景であったが、なにせいつもとは違う。
今ここにいるのは二人だ。そして私でない一人が私のサックスを吹いているのだ。
そう思うとなんだか照れてしまい、私はなんだか彼女をまともに見られなくなってしまったのである。

彼女は一通り吹き終わり満足したのか、サックスをスタンドに立て掛けこちらを向いた。
「どうだった?」
「最初にしては巧いんじゃない?俺が最初の頃吹いたときはBとかC(実音ではE、E♭)はもっとひどかった気がする。」
「そっか。じゃあバリサクに替わろうかなー。」
そんな冗談を言って彼女は笑う。
それに合わせて私も笑う。やめてくれ。本気でそんなことされたらマジでバリサク奏者の立場を奪われかねない。
私は笑いながら立ち上がり、練習を始めようとお気に入りの教本を探すべく本棚に向か―――
「そうそう。」
「今のって、間接キスだよね。」
――――その言葉で私の全思考が停止する。
「え?あ…うん、そ、そうだよな。ハハ。」
凍結した脳ではそんな事を口から発するだけで精一杯だった。
「でも、私たち、付き合ってるし。」
「キスはまだだけど。」
――――は?今、何を――――
停止している間抜け面の前にやってくる彼女。肩に腕を伸ばし―――

――長い一瞬だった。目を閉じている間も無かった。暖かかった。
「え、あ…」
彼女は何も言わずに微笑んでいるだけだった。
その微笑がいつになく愛おしく見えたのは私の錯覚なのだろうか。



…一番印象に残ったシーンを小説風に仕上げてみました。
尚、実際はもっと間抜けだったかもしれません私。
ありえない。すごく恥ずかしいんですが。
せめて他人事が如く書くことで誤魔化…と、あぁもう恥ずかしくて死にそうです。


Q6:キスって何?
何なんでしょうね…私もまだわかりません。誰かわかる人教えてくださいお願いします。


Q7:バトンをまわす5人
え、ちょ、これ、出回ってない人いる?いなくね?
すでに回ってきた人で「こいつに回してやってくれ」って人がいたら密告してください。
喜んで回します…喜んで、ね…。ふふふ……

スポンサーサイト

2006.09.27 | | Comments(9) | Trackback(0) | バトン

コメント

サレフの

新しい一面がぁぁあ(≧∇≦)

2006-09-28 木 23:16:11 | URL | えん #- [ 編集]

かきましたよ~

かいたので報告です。
ファーストキス・・特に面白みも無く終わったような・・。
相手に本当に初めてなのかとか疑われた記憶が・・。ええ、初めてでしたよお・・。

2006-09-27 水 20:32:34 | URL | なつかぜ #0M2gzx7Y [ 編集]

レキ様よ

つまりはそういうことです(゚∀。)

2006-09-27 水 20:22:09 | URL | ぴんこ #jzOYjpzw [ 編集]

それはつまりなんですか。

このバトンに答えろということですか(゜∀。)

2006-09-27 水 19:55:29 | URL | レキ #- [ 編集]

純愛とか青春とか

何こっぱずかしくなる台詞並べておられますかあなた方は(ノ∀`)

>平気でジュース飲みまわせる
普段はそうなんですけど まぁ ね、何だ・・・その、うん。アレですよ。アレ。

>彼女可愛いな!
まったく持ってそのとおり。
ゴメンナサイ石投げないでくだs

レキ様がいますね。
OK。レキ様、いい物語を期待してます。

2006-09-27 水 19:01:55 | URL | ぴんこ #SznwBhrE [ 編集]

c⌒っ*゚д゚)っφピンコは萌えキャラ

何この初々しさ。

ってか彼女可愛いな!行動が可愛い。
いい恋人を持ちましたネ(゚∀゚)

2006-09-27 水 18:15:18 | URL | レキ #- [ 編集]

恋愛小説キタコレ

青春ってカンジ!!
間接キスとか久しぶりに聞いたΣ(゚ロ゚ ;)
友達同士で平気でジュース飲みまわせる私は純愛から遠いことがよくわかりましたl||○| ̄|_

2006-09-27 水 18:12:38 | URL | ピーチ #- [ 編集]

はずかし(ノ∀`)

もう恥ずかしくてコメント不可にしちゃおうかとかそんな事まで考えてしまtt

ま、いいけど(ノ∀`)

歯と歯が・・・ひぃ((((;゚д゚))))

2006-09-27 水 15:42:22 | URL | ぴんこ #jzOYjpzw [ 編集]

簡易小説きたーーーー!

ファーストキスとか、歯と歯があたった記憶ががが

2006-09-27 水 15:22:29 | URL | まっぴぃ #M2M4yCyc [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

Sareh

Author:Sareh
マビノギ樽8chに在住。
電撃と料理、演奏はもちろん、
何よりぴんく
をこよなく愛する人、かもしれません。
そうそう、「ピンクのうさぎ」って名前でとあるMMLサイトに投稿してます。
暇な人は探してみてネ|∀゚)

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

らいぶすくりぃん

戯言

左利きに不便な物シリーズ。
ドアの取っ手。
実は右利き用な罠。
気にしてる人は少ないけど。

あくせすかうんた。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。