スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ちょっと出かけてるうちに

ほんの2日ほど出かけてたらなんかバトンラッシュですか( ゚д゚)
そこらじゅうに出回ることまさに風の如し。
では帰ってきた景気づけにまずは1つまいりますか。
【キスバトン】
Q1:キスする時、どの瞬間が1番ドキドキしますか?
するよって時になって互いに目を閉じた時。でも初めては目を閉じれなかっ…まぁ後述参照。
何というか、その…なんだ、覚悟を乗り越えたあとだから…なのかしら。


Q2:どちらからその距離を縮めますか?
これは相手っぽいです。はい。
そういう雰囲気作るの巧いよなぁ、と感心してしまうくらいです(ノ∀`)


Q3:深いキスと軽いキス、どちらが好きですか?
フレンチキスがいいです。てか深いキスはまd…ええい、言わせるでないわ( ゚д゚)
でもね、今調べたらさ、フレンチキスって日本では軽いキスとして扱われてるけれども、
本来は「フランス式のキス」という意味でフレンチキス=ディープキスだそうで。

私は日本で使われている意味で言ったんですからねヾ(・ω・`)ノ


Q4:唇以外にキスされて好きなところはありますか? それはどこですか?
頬とか首…肩…かしら…。
「吸引性皮下出血」、いわゆるキスマークって出来たことあります…?
そういえば首にキスって吸血鬼っぽいですよね、いえ、別に血が吸いたいわけじゃ…あれ?
…冗談です、多分。

Q5:どんなシチュエーションでキスするのが好きですか?
…私がまだサークルに在籍していた去年の初夏のこと。
その日は早く授業も終わり、私はサックスを練習するためにまっ先にサークル棟へと向かうことにした。その日はサークルは無いというのに。
部屋には先客が一人いた。付き合って間もない彼女であった。当時、彼女とのキスはまだだったりする。
彼女との馴れ初めはまたいつか、訊かれれば答えてみようとも思う。
訊かれたら答えるかどうかは機嫌次第であるだろうけれど。

閑話休題。

いつもの様に挨拶を済ませてからバリトンサックスを取り出し、マウスピースにリードを取り付け吹いてみる。うん、いい調子だ。
と、いつの間にか彼女が隣に来ているではないか。
「バリサク吹いてみていい?」彼女は訊いた。
「ん、いいよ。多少アルトより息が必要になるかも。低音とか。」
マウスピースをサックス本体に取り付けチューニングしてから渡す。やはり低音に苦戦しているようだ。
その様子を何をするでもなく座りながら見ていた私はふと、これって間接キスだよな、と、そう思ったわけである。
サークルに入ってからは回し飲み等よくある光景であったが、なにせいつもとは違う。
今ここにいるのは二人だ。そして私でない一人が私のサックスを吹いているのだ。
そう思うとなんだか照れてしまい、私はなんだか彼女をまともに見られなくなってしまったのである。

彼女は一通り吹き終わり満足したのか、サックスをスタンドに立て掛けこちらを向いた。
「どうだった?」
「最初にしては巧いんじゃない?俺が最初の頃吹いたときはBとかC(実音ではE、E♭)はもっとひどかった気がする。」
「そっか。じゃあバリサクに替わろうかなー。」
そんな冗談を言って彼女は笑う。
それに合わせて私も笑う。やめてくれ。本気でそんなことされたらマジでバリサク奏者の立場を奪われかねない。
私は笑いながら立ち上がり、練習を始めようとお気に入りの教本を探すべく本棚に向か―――
「そうそう。」
「今のって、間接キスだよね。」
――――その言葉で私の全思考が停止する。
「え?あ…うん、そ、そうだよな。ハハ。」
凍結した脳ではそんな事を口から発するだけで精一杯だった。
「でも、私たち、付き合ってるし。」
「キスはまだだけど。」
――――は?今、何を――――
停止している間抜け面の前にやってくる彼女。肩に腕を伸ばし―――

――長い一瞬だった。目を閉じている間も無かった。暖かかった。
「え、あ…」
彼女は何も言わずに微笑んでいるだけだった。
その微笑がいつになく愛おしく見えたのは私の錯覚なのだろうか。



…一番印象に残ったシーンを小説風に仕上げてみました。
尚、実際はもっと間抜けだったかもしれません私。
ありえない。すごく恥ずかしいんですが。
せめて他人事が如く書くことで誤魔化…と、あぁもう恥ずかしくて死にそうです。


Q6:キスって何?
何なんでしょうね…私もまだわかりません。誰かわかる人教えてくださいお願いします。


Q7:バトンをまわす5人
え、ちょ、これ、出回ってない人いる?いなくね?
すでに回ってきた人で「こいつに回してやってくれ」って人がいたら密告してください。
喜んで回します…喜んで、ね…。ふふふ……

スポンサーサイト

2006.09.27 | | Comments(9) | Trackback(0) | バトン

何か渡ってきました( ゚д゚)

なにやらもも様のブログからバトンが回ってきたようです。
あれですね。マビもネタが無いしこういうのすごい助かr…ごめんなさい、料理作ってUPすればいいんですよね、料理。
でもオリジナル創作(つく)るのって難しいんだ結構(´・д・)
既存のレシピにちょこっと手を加える程度しかおいらにはまだ腕が無いとです(´・ω・)
ま、それを考える楽しみってのもあるんですけれどもねー。旬の食べ物とか。
そろそろ鯵とか秋刀魚、カンパチやハマチの季節…あぁそうだ、キノコに春菊、根菜類では大根や人参も忘れてはいけませんね。
こんな取り合わせとくれば和物でもこしらえてみようかなという気になりますね。
が、食べてくれる人は「和風な料理作ってー(゚∀。)」とかあまり言ってくれないんだ…。
いやまあおいらの和風料理なんて一般主婦レベルですしねおそらく。
何せ母から盗んだレシピばかりですからねぇ。
浪人時代に食事の準備を手伝わされた事がこんなところで活かされるとは('A`)
それに加えて、しいたけ嫌いな子もいるし…。
理由が「菌類だから」って何ですかそれは(;´д`)
嫌がる姿に萌えるんですけどね。そんな趣味は無いですけれど。たぶん。

そうそう、何か提案でもあったら言ってくだされば作ってみようと思いますよ。

「頼まれたレシピ、創作ってみたぜ!まぁ画面越しに食べている姿を想像するだけになるけどな!」
まさに外道。

閑話休題。

いざ気を取り直して参りましょうか。

フェチバトン
うわ 太字にすると恥ずかしいな…というのは置いておこう( ゚д゚)

1.あなたは何フェチ?
 うーん、どうだろう。髪、かな。
女性になれたら伸ばしてみたいものだって憧れから来るんでしょうかね( ゚д゚)

2.異性を見るときまずどこを見る?
 コレは即答。「趣味」ですね。ウィンタースポーツとか旅行好きじゃないとおいらと合わんのですわ。
あとは「落ち着き加減」かな。ロック調よりブルース調のほうが波長が合うみたいです。

3.最近プッシュできる部位は?
 主夫スキル…? なんだか最近尽くしてばっかりな気がします。
ま、好きだからやってるんだけどさ('A`)

4.異性の好きな部位は?
 これって1問目とかぶる気もしなくはないですが、強いて言うなら
「背中」。
野郎には無い魅力です。

5.夜遅くに帰ってきて疲れてますが一番最初にすることは?
 大抵飲み足りないので何か作って飲んでます。そして一服( ゚д゚)y-"~
ブラッディ・マリーとかカウボーイ、カシス&ティーがそういう時はお気に入り。

6.持ってる資格は何?
 …役立つのは持ってないんだよなぁ(´・ω・)
強いてあげるなら弓道初段くらいか('A`)

7.恋人に求める絶対条件は?
 的確に指摘してくれ、褒めるところは褒めてくれる人。
そのほうがお互い成長できます。長く続きますし。
あと、異性に限ったことではないのですが、過ちは認めること。謝らない人はすごく嫌いです。

…なんだか自分がこうありたいと頑張ってる姿と似ちゃうんですよね、他人に求める姿って。
無理強いをしてなければ、求めてもいいのかしら。

8.携帯の機種は?
 auのA5401CAⅡだったりします。カフェ色。
当時ピンク売り切れてたんだもん('A`)
…しかしこれも長いよなぁ…充電器もちょっとガタが来てますよ…輪ゴムでケータイ固定しないと充電できないとか('A`)

9.生まれてから今までの将来の夢は?
 これは…今まで何度も将来つきたい職種は変わってきましたがこれだけはちょっと真面目に言わせてください。

「相手が幸福感を得るにあたって、自分の行為で手伝えること」

私の差し出したものが幸福を感じる手助けになって欲しい。
語らずとも癒したい。
主役じゃなくていい。
雰囲気を出すためのアイテムとして在る事が出来ればそれでいい。


そんなわけで数少ない誇れるスキルから料理を選んでみたわけです。今は。
例えるならディナー前の食前酒、とんかつのキャベツ、焼き秋刀魚の大根おろしになりたいなぁ、と。

…ガラにも無い事言っちゃいましたね。本気ですけどね。

10.ブログ歴
 初回が2006/6/22ですって。ちょうど3ヶ月ですね。まだまだ短いものです。

11.有名人で誰に似てるって言われたことある?
 小学生のころは「天野ひろゆき」とか似てるって言われたけなぁ。
そういえば天野君も愛知県出身なんですってね。
大学来たら一気に痩せたのでいまや高校時の面影すらないけれども・・・。

12.自分が有名人だったらでてみたいTV番組は?
 「だったら」ではなく、いつか「なれる」といいなぁ。
そしてお店をTVで取り上げてもらうの。
無謀な夢よねぇ。

13.回す人5人
 5人ですか。多いわね。
ではどうしようかしらねうふふ。

・トップバッターはルーシア警部補。
・続いてえん様。
・さらに続いて猫鎖様。
・残りは…そこのバトンやりたい人!正直に手を挙げなさい。先生怒りませんから。


まことに長々とお付き合いいただきありがとうございました。
では、また。

2006.09.23 | | Comments(5) | Trackback(0) | バトン

2週もあいてしまった(ノ∀`)

皆さんこんにちは。マビのほうであまりいいネタがなく更新滞ってました(ノ∀`)
こういうときこそ料理に本腰入れるべきなのかしら・・・?
周りが帰省中で食べてくれる人がいないんだけどな(´・ω・)

さて、マビでは(2日ほど前の話になりますが)魔法使いの夢ともいえるだろう「魔道士の」ワンドを作ろうと思いまして、
木の棒。

この棒を290kにて購入。
・・・最初は530kで売られていたとか・・・さすがに高いだろそれ(ノ∀`)

魔道士ESはランク6なので下地となるものが必要ですね。
そこでキア上ループしていた時にたまったスタンプESを利用することに。

頼れるエンチャ師、アミラ様にご協力いただき、いざ挑戦。

さすがといいますか何というか、抽出は全部成功(;・`д・´)
貼り付けも、スタンプESは35%という確率ながら全部成功。
なぜかそれよりも7%上の魔道士が2回貼れなかったりしましたが、
3本目で見事成功。(←ランク6以上のエンチャはアイテムロストの危険性により2本消滅)
計算で出る期待値よりも安く済みました。改めてお礼申し上げます。

Wizワンド。

今までワンドのときは控えめのマナなおいらでしたが、このワンドにより大幅UP。ためしに現在の装備でどこまでいけるか試してみました。
手・足・服・頭・盾にウィスプ、アクセは2つともおとめ座、ワンドはコレを用いていざ。

最大マナはどこまでいくのん?


祝・マナ400突破(゚∀。)!
STRはお察しです・・・良いんです、もう(´・д・)

では、この辺りで。ごきげんよう。

2006.09.20 | | Comments(2) | Trackback(0) | マビノギ

第2回 オリジナルパスタに挑戦。

マビで料理の話をしていたら急にやる気がUPしたサレフです。こんにちは。

そんなわけでオリジナルレシピに挑戦してみたり。
名付けて、
「ホタテとジャガイモの冷製クリームソースパスタ」
ホタテとジャガイモのパスタ


そうそう、クリームソースのパスタといえば、牛乳&生クリーム、卵、小麦粉などなど、いろいろな物を用いたクリームソースがあるのですが、今回は牛乳&生クリームで仕立ててみました。
では、行ってみましょう。

材料(2人分)


 パスタ(フェットチーネ。別名:タリアテッレ)…200g 
 ホタテ…好みですが一人当たり4~6個が目安でしょうか。
 ジャガイモ…小3個(中2個)
 にんじん…1/2本
 セロリ…1/2本
 玉ねぎ…1個
 にんにく…2かけら
 牛乳…250ml
 生クリーム…100ml
 ドライベルモット(無ければ白ワインでも可)…適量(はかり忘れました)
 塩こしょう…適量
 パセリorイタリアンパセリ…適量



まず、フライパンにオリーブオイルをひき、温まったところでせん切りにした玉ねぎ(で、あってるのかな…とりあえずカレーに入れるときとかの玉ねぎの切り方です。くし型切りではない、と思う。)、1cm角に切ったじゃがいも、いちょう切りのにんじんをいれ軽く炒め、次にみじん切りにしたセロリを入れ、程よく玉ねぎに焼き色が出るまで炒めます。

炒め終わったら選手交代、別のフライパンにオリーブオイルをひき、包丁の背等でつぶしたにんにくを入れ、香りを移したところで取り除きましょう。
そこに、ホタテをいれます。適度に炙ったら火はそのままでベルモットを注ぎます。そうですね…浸る程度で結構です。

その後、アルコールが飛び、水量が半分程度になったならば、さっき炒めた野菜たちをそこに入れます。
そして牛乳と生クリームを注ぎ、塩こしょうで味を整えつつ煮込みましょう。
ここで注意なのは火加減。あまり強い火はお勧めできかねます。じっくりコトコト煮込みましょうね。

さらにちょっとひねってみたい、という方はここでパルミジャーノ・レッジャーノ(無ければパルメザンチーズでもいいと思いますが、ぜんぜん味が違います・・・)を少し削って入れてみましょう。旨みが増しますよ。

煮込んだら冷やしましょう。これでソースは完成です。
|-`).oO(熱くてもおいしいと思うけどね…)

ソースを冷やしている間に、今度はパスタを茹でます。
もちろんお湯に塩を入れますが、皆さんご存知の通り、海水よりも濃くならないように。

さて、今回のパスタは普通のスパゲッティーニのように断面が丸いのではなく、平べったい形をしています。なぜこれを選んだかといいますと、フェットチーネはクリームソース系と相性がいいんですネこれが。
そこらのスーパーなどで探せば売っていると思います。

今回は奮発して生フェットチーネを使っちゃいました(*ノノ)

さて、アルデンテに仕上がったら、氷水に浸し冷やします。冷やしうどんやそばとかと同じ要領ですね。

冷やしたらよく水を切り、お皿に盛り付け、冷やしたソースをかけ、みじん切りにしたパセリをチョイチョイっとふり掛けて出来上がり。



そうそう、ベルモットって聞いたことあるけどどんなお酒だろう?と思った人もいるかもしれないので補足。

ベルモットは白ワインをベースに、にがよもぎ等の様々な香草、薬草、スピリッツ(蒸留酒)を混ぜて作られたお酒です。
単にベルモットといっても、白色の「ドライ」と赤褐色の「ロッソ」等、数種類存在します。
今回料理に用いたのは白の「ドライ」で、このドライを用いたカクテルにジンと組み合わせたあの有名な「マティーニ」があります。
私が持っているのはチンザノ社のドライ&ロッソ。
ベルモット。

この2種を同量に混ぜてオンザロックで「ハーフ&ハーフ」、さらにはチンザノに限り、「Cin-Cin」(乾杯の意)と言いますヨ。
お食事前にいかが?

では、この辺りで。

2006.09.04 | | Comments(3) | Trackback(0) | 料理

夏が過ぎ。

こんにちは


夏が過ぎ、夜はずいぶんと涼しく、秋の虫の声があちこちの草叢から聞こえてくる季節になりました。パナッシュヘッドギアです、こんにちは。

そういえばマビをはじめて一年と数ヶ月、先日の花火大会は初めてのイベントでの入賞でした。
ネクソンポイント5000円分(゚∀。)
1位だったらフィギュアも貰えるしいいネタになりそうだと思ったんですけどね、惜しくも2位(´・д・)

さらに、レキ様にシルバニアピンコかいてもらっちゃったり(*ノノ)
もうね、重ね重ねありがとうございますですよ。
もう可愛いですね。失血死しそうです。

さて、文章に脈絡が無くなってきてしまったので今日はこの辺りで。
いやぁ、ちょっと嬉しいことがあって、ね。 ここには恥ずかしくて書けませんけど(ノ∀`)

去り行く夏に、乾杯。
umi

あぁ、海行き忘れたな今年…プールは行ったけど…。

2006.09.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | マビノギ

«  | HOME |  »

プロフィール

Sareh

Author:Sareh
マビノギ樽8chに在住。
電撃と料理、演奏はもちろん、
何よりぴんく
をこよなく愛する人、かもしれません。
そうそう、「ピンクのうさぎ」って名前でとあるMMLサイトに投稿してます。
暇な人は探してみてネ|∀゚)

カレンダー(月別)

08 ≪│2006/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

らいぶすくりぃん

戯言

左利きに不便な物シリーズ。
ドアの取っ手。
実は右利き用な罠。
気にしてる人は少ないけど。

あくせすかうんた。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。